不動産買取

不動産買取の基礎知識

「所有する不動産物件をできるだけ早く現金化したい……」。こうしたご要望をお持ちの方には、不動産買取がおすすめです。こちらのページでは、宮崎市のトライアップ不動産が不動産買取の基礎知識についてご紹介します。また、合わせて任意売却についても解説します。

不動産買取とは?

不動産買取とは、不動産会社が買い主となり、お客様から直接物件を買い取る不動産売却の方法です。仲介売却のように販売活動を行う必要がないため、スピーディーで手間のない売却が実現できます。以下からは、不動産買取のメリットについて見ていきましょう。

不動産買取のメリット1.スピーディーな売却が実現できる

不動産買取のメリット1.スピーディーな売却が実現できる

仲介売却の場合、売却期間の目安は早くとも6カ月以上と言われています。しかし、ご事情によってはこの期間がネックとなる場合もあるでしょう。一方、不動産買取は仲介のように販売期間がありません。購入希望者の内覧希望に対応する必要もありませんし、価格交渉なども不要。不動産会社が提示した金額にご納得いただければ、すぐに売却が可能です。なお、期間の目安としては2週間から1カ月程度です。

不動産買取のメリット2.次の住まいの計画も立てやすい

不動産買取のメリット2.次の住まいの計画も立てやすい

住宅ローンを活用して購入した不動産を売却する場合は、基本的にその完済が前提です。もしも仲介で不動産を売却し、住宅ローンの残債を下回ってしまった場合には、差額の補填が必要です。一方、不動産買取の場合には不動産会社が金融機関と住宅ローンの残債について交渉を代行。次の住まいの購入を検討している場合は、新たな住宅ローン計画が立てやすくなります。

不動産買取のメリット3.仲介手数料がかからない

不動産買取のメリット3.仲介手数料がかからない

仲介手数料とはその名のとおり、不動産会社が不動産売却を“仲介”した場合に発生する成功報酬です。しかし、不動産買取はお客様と不動産会社との直接取引となるため、仲介ではありません。そのため、仲介手数料ももちろんかかりません。

不動産買取のメリット4.瑕疵担保責任の免責、アフターフォローも不要になる

不動産買取のメリット4.瑕疵担保責任の免責、アフターフォローも不要になる

仲介売却によって不動産を売却した場合、売り主様には瑕疵担保責任が発生します。もしも売却後、構造に関する欠陥や配給水管設備の不具合、雨漏り、シロアリ被害といった、見た目には分からない欠陥が見つかった場合、契約に定められた期間内で売り主様が改善・修復をしなくてはなりません。

しかし、瑕疵担保責任は買い手が個人の場合にのみ発生する義務です。不動産買取のように相手が不動産会社の場合には瑕疵担保責任は発生せず、瑕疵に関する責任は不動産会社が受け持ちます。

不動産買取のメリット5.不動産売却をしていることが周囲に知られない

不動産買取のメリット5.不動産売却をしていることが周囲に知られない

仲介売却では、チラシの配布やインターネットサイトへの掲載、内覧会の開催などを販売活動として行うことがあります。そのため、物件の写真や住所などから周囲の人に不動産売却の事実が知られてしまう可能性があります。

一方、不動産買取は不動産業者と売り主様の直接取引となるため、販売活動は不要。周りの人に情報が漏れる心配もないので、プライバシーが守られます。

不動産買取のメリット6.現状そのままで売却ができる

仲介では、引き渡し前に掃除をしたり壁紙を貼り替えたりといった手間が必要です。また、購入希望者が現れない場合には、水回りなどのリフォームが必要なことも。この場合、数百万円単位の経費がかかってしまいます。

これに対し、不動産買取は基本的に現状のまま不動産会社へと売却を行います。リフォームなどは不動産会社が後ほど行うことになり、その費用負担についても売り主様側にはかかりません。

買取保証とは?

  • 不動産をできるだけ高く売りたいけど、本当に売れるか不安……
  • 仲介売却を試したいが、タイムリミットが決まっている……

買取保証とは?

こうした場合には、当社の買取保証についてご検討ください。はじめに、販売活動で購入希望者を募り、そこで買い主様が確定すれば仲介売却を実施します。一方、一定期間で買い主様が決まらなかった場合には、事前に取り決めをした価格で当社が不動産を買い取ります。

このように、買取保証とは仲介売却と不動産買取の良い点を組み合わせた方法です。計画的かつ、こだわりを持って不動産売却を行いたいという方はぜひご相談ください。

Pick Up!-任意売却-

Pick Up!-任意売却-

住宅ローンなどの借入金を返済できなくなってしまった場合に用いる不動産売却方法として、任意売却(任売)があります。住宅ローンを滞納・延滞すると、債務者であるお客様からは期限の利益(ローン分割で返済する権利)が失われます。つまり、金融機関に対して住宅ローンの全額を一括返済しなくてはならなくなるのです。そして、残債務を一括返済できない場合には、担保とされている不動産が強制売却となり、金融機関はそのなかから債権を回収します。この強制売却のことを競売と言います。

競売は所有社の同意なしで、裁判所によって実施されます。不動産はオークション形式で売りに出されますが、市場価格よりも低い価格となる場合がほとんど。そのため、売却が成立したとしても、大部分、もしくはそのすべてが返済で失われる可能性があります。さらに言えば、不足分は残債として残ってしまうでしょう。

こうした問題を解決できるのが任意売却です。任意売却であれば、競売に比べて有利な条件で売却が進められます。価格についても市場相場に近くなるため、住宅ローンの残債を大幅に減らせるでしょう。そのほか、金融機関との交渉次第では残債の返済を無理のない分割にできたり、引っ越し代などを残せたりする可能性もあります、ただし、任意売却には実施できるタイミングが決まっていますので、住宅ローンの滞納が近いといった場合には、できるだけ早く当社までご相談ください。